ミシン用のデスクを注文した

f:id:youka_spk:20210518162900j:plain

これまでダイニングテーブルの端にミシンを置いて、裁縫箱や道具もテーブルに出してなんとなくやってきたのだけど、一度ミシンを出すと長時間出しっぱなしになってしまうし、ごちゃごちゃして食事するときに邪魔だし、しまうと次に取り掛かるタイミングが遠のいてしまうので、出しっぱなしにしていつでもすぐ取り掛かれるような机が欲しかったのですが、やっと注文したので報告です。

 

「ミシン机」「書斎デスク」「ワークデスク(PCデスク)」どれが良いのか

「ミシン」「机」と検索するとキャスター付きのミシン机がヒットしてきて、収納など充実していて使い勝手が良さそうだな〜と惹かれつつも、なんとなく好みではなくて一般的なデスクを探すことに。

 

 

木製のがっしりとした書斎デスクも良いな〜と探しましたが、奥行45〜50cmのものがほとんどで値段も高めだったり、これといったものがなかなか見つからず。

 

ミシンがけなら奥行45cmくらいで良いのでしょうけど、私は壁との圧迫感が苦手で、奥行60cmの机を探しているとワークデスク(PCデスク)にたどり着きました。

 

いろいろ比較した結果、注文したのはサンワダイレクトのワークデスク。

 

 

置き場所は幅120cmだとギリギリで、幅100cm×奥行60にしました(幅110cmは作られていなかった)。このワークデスク、華奢に見えますが耐荷重50kgでミシンもたぶん余裕。クチコミを見るとぐらつきも無いようだし、値段も安いし組み立ても簡単そうなのでこれにしました。

 

部屋には無印良品のウォールナットの家具を置いているので色はブラウンに。ホワイトも迷ったけど納期未定になっていました。ブラウンも納期は6月中旬以降になるとのこと。

 

ミシンのために購入を決めましたが、もともとPC作業ができる自分専用のデスクが欲しいと思っていたので良かったです。

 

専用スペースができるのは嬉しい

考えてみると大人になってから自分専用のデスクスペースがなかったので、趣味のスペースが出来るのはちょっと嬉しいです。裁縫道具を買い替えたり、追加したり、ハギレを入れる容器を買うのも楽しいし、元来オタクなので推しにどハマりするような感覚をソーイングにも感じています。

 

デスクが届いたら、またブログ書きます〜。

 

それでは、また。